インール    


床屋さんにあるクルクル回転する3色看板は、日本ではサインポール、海外で
はバーバーポールと呼ばれている。ちなみに、バーバー( barber )は、英語では
ラテン語の「ひげ」を意味する barba から来ている。

 中世の頃、理髪師は修道院などにいて、髪やひげを切るだけでなく、瀉血(し
ゃけつ)や民衆の求めに応じて、やけどや骨折などの治療、抜歯などの外科的
治療も行うようになっていた。そのため、当時は理髪外科医と呼ばれていた。

 瀉血とは、患者の静脈から血を少しだけ抜き出す治療のことだ。今でこそ、こ
んな治療法はほとんど行われていないが、昔はこの瀉血が健康維持や病気の
治療のためには、悪い血を抜かなくてはならない…と信じられており、盛んに行
われていた。

 瀉血を行っている間、患者は棒を握っていた。腕から出た血は受け皿に落ち
るようになっていたが、腕から棒へ血が垂れることも多い為、この棒は最初から
真っ赤に染められていた。後に、この棒はバーバーズ・ポールと呼ばれるように
なった。

 瀉血治療が終われば、患者の出血を止めるため包帯で巻いていたのだが、
当時の包帯は非常に貴重なもので、何度も洗って干し、再利用していた。その
干すのに使われていたのだが、バーバーズ・ポールだった。

 バーバーズ・ポールを軒先にさして、包帯を吊して干す。赤いポールに垂れ下
がる包帯は、風に吹かれてポールに巻きつくこともあったとか…。そう、この巻
きついた包帯こそが、紅白の螺旋模様のポールが理髪店の看板となっていた
のだ。

 では、残る「青」はどこから来たのだろうか?

 これは理髪師と外科医の組合が分離したのがきっかけだ。1745年のイギリス
で、その時に理髪師は赤・青・白の看板、外科は紅白の看板を掲げるように決
められたのだ。 




これは一つの説であり、他にも色々な説があると思います。
友達に話す時は『こうゆう説もあるらしいよ』みたいな、
ちょっぴりはぐらかす感じで、うまい具合に自慢してください☆